神武天皇・・・カムヤマトイワレヒコノミコト。 九州日向(宮崎県)で三男、または四男として生まれた。明達で強い意志を持ち、15歳で皇太子となり、45歳で兄たちを連れ東征へ向かった。その後、大和国を平定し紀元前660、2月11日に即位、初代神武天皇となった。これが建国記念の日になっている。 当時52歳であった。

 

神格・・・軍神、農業神、海の神

ご利益・・・延命長寿、開運将来、病気治癒

 

 

応神天皇・・・「八幡さま」として広く親しまれる八幡神社の祭神です。大分県の宇佐八幡宮を総本社として、全国に二万余にのぼる分社があるといわれています。八幡神社の祭神としては、「誉田別尊(ほんだわけのみこと)」または「品陀和気命」の名が用いられます。

父は第14代・仲哀天皇、母は神功皇后です。古事記や日本書紀によれば、神功皇后は神託によって、身重の体で新羅へ出兵しました。その間、生まれそうになる腹の子を押さえ、帰国してすぐ、筑紫国において出産したといわれています。

神格・・・文武の 

ご利益・神徳・・・国家鎮護、殖産興業、勝運招来

 

神功皇后・・・ 息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)第十四代仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の后で、八幡神として祀られる第十五代応神天皇の母である神功皇后。

神格・・・聖母神、武芸の神

ご利益・御神徳・・・安産、子育て守護、学業祈願、病魔、厄除け、家内安全、開運招福

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蟹井神社 かにいじんじゃ

 

 

宮司

 蟹井

所在地

 〒586-0062

 大阪府河内長野市天見428

アクセス

 南海高野線天見駅徒歩12
電話番号

 宮司 080(5710)6870

E-mail

メールフォーム

 saionji77@gmail.com