蟹井神社について

 

【由緒・沿革】

創建:天喜2年(1054年)創建と伝えられる

祭神:神武天皇、応神天皇、神功皇后

氏地:天見、岩瀬(大阪府河内長野市)

 

 

 大阪府河内長野市にある神社。天喜2年(1054年)創建と伝えられる。

 

 祭は神武天皇、応神天皇、神功皇后。

 当初は甲斐神社と呼ばれていたが、延宝4年(1676年)に焼失後、再建されて蟹井神社に

 改称されたとされる。

 明治41年(1908年)に岩瀬の菅原神社が合祀された。

 氏地は河内長野市の天見、岩瀬。

 秋に「提灯祭」という高提灯を仕立て祇園囃子を唄いながら参拝する祭礼がある。

 

 天見は中世「甲斐の庄」と呼ぶ。蟹井神社は当初、甲斐神社の本来の音がなまって変化し、蟹井神社とされたと社伝に伝えられる。

 日本の初代天皇神武天皇が、御東征の節紀の川を上り、紀見峠にて賊慮の状況を視察なされた時、今の神社の北側に天見川の大石、小石を集め磐境として神籬を建て、皇祖天津神を祀り給いて戦勝を祈願され、その後、天喜3年(1099年)に至り社殿を造立して8月19日神倭磐余彦命外三柱を祀ったとされる。

 

 南北朝時代、南朝の武将は当社を崇敬して、何度も戦勝を祈ったとされる。

 延宝4年には社殿は悉く炎上して荒廃したが、その後も一部再建され、

 現存の社殿が存在する。

 明治5年に村社に列せられ、明治40年11月5日、岩瀬の村社菅原神社・若宮神社・住吉神社・若宮皇女神社・高良神社・八阪神社を合祀し、同41年12月神饌幣帛料共進社に指定される。

 昭和21年宗教法人として神社本庁に所属し現在に至る。

 

 また一説に蟹井の名称の起こりは、社域の南、天見川に蟹井の渕という深渕があって、

 これより当社の御神体が出現したためと伝えられる。

 天喜3年(1099年)8月19日の創建と伝えられているが確証はない。

 元弘、建武の頃は楠方の武将の戦勝の祈願所となった。

 当時は宗厳なる社殿を存していたが、延宝四年炎上し、今の社殿は其の後の再建である。

 

 蟹井神社 境内社六社(元禄五年の記録より)

1)菅原神社(祭神:菅原道真公)

2)若宮神社(祭神:大雀命)

3)住吉神社(祭神:表筒男命、中筒男命、息長帯比賣命)

4)若宮皇女神社(祭神:長日賣命)

5)高良神社(祭神:玉多礼命)

6)八阪神社(祭神:建速須佐男命)

 

蟹井神社 かにいじんじゃ

 (神社本庁所属)

 

宮司

 

所在地

 〒586-0062

 大阪府河内長野市天見428

アクセス

 南海高野線天見駅徒歩12
電話番号

 (0805710-6870 宮司直通

Mail

  meiji77777@yahoo.jp